MENU

普段の生活で気をつけられることも多々ある!

薄毛や抜け毛というと男性的なイメージを持つ方もいますが、女性も歳とともに髪はコシを失い、ペタッとしてきます。それが進行すると抜け毛となるのですが、それにはいくつは種類があります。

 

女性の薄毛の原因としてはホルモンバランスの乱れや血行不良が主なものです。どうして乱れてしまうかというと、ストレスやダイエット、睡眠不足などが挙げられます。そんな生活はしていないという方は遺伝の可能性もあります。ここでは、そういったことから起こる薄毛の種類についてご紹介します。あなただけじゃない、ということを知って頂けたらと思います。

 

女性男性型脱毛症

女性の薄毛で多いものの1つに、女性男性型脱毛症というものがあります。これは別名を「びまん性脱毛症」というので、ネットなどで調べる際にはこちらの名前も知っておきましょう。これは平たく言うと男性の薄毛、AGAの女性版で、FAGAと呼ばれたりもします。全体的に髪が薄くなってきたという場合はこれにあたり、原因がわかれば改善することができる脱毛症の1つです。

 

円形脱毛症

円形脱毛症は耳にしたことがあるという方も多いのではないでしょうか。女性の場合髪が長いと隠れて目立たない場合もありますが、大きく広がってきたり何度も発生するようなら適切な治療が必要となってきます。小さいものは自然治癒が可能ですので、その場合は様子見だけで済むこともあります。年齢が関係するわけでもないので、若くしてできる場合があるのが円形脱毛症の特徴です。

 

牽引性脱毛症

これは女性に多い脱毛症の1つです。原因が、長期にわたって髪を結んでいたことが関係するため、ポニーテールにしていたり、分け目がいつも同じ状態であると発症することがあります。継続的に髪に負担をかけると長い時間をかけてその負担が蓄積していきます。若いうちからそうならなうようにするためには、ヘアスタイルを変えたり、結ばなくても良いようショートヘアにするなどの対策がとれます。

 

分娩後脱毛症

これは名前の通り、妊娠中や出産後に抜け毛が多くなる症状です。上記で少し触れましたが、これはホルモンバランスの乱れが原因です。もし発症しても、通常であれば半年から1年ほどで自然に回復していきます。そのまま抜け毛が進行しやすいのは、高齢出産であったり、体力の回復が難しい場合です。これも女性特有の脱毛症ですね。

 

ひこう性脱毛症

ひこう性脱毛症はフケが原因で起こります。フケが多いとこれが毛穴をふさいでしまい、正しい髪の発育がされません。原因は、シャンプーをしすぎることや、その泡を十分にすすいでいないことにあります。また、パーマやカラーのしすぎによって起こる脱毛症もこれの場合が多いです。

 

脂漏性脱毛症

髪が細くなったなと実感するようになったり、地肌がのぞくようになったと感じたらこの脱毛症の可能性があります。原因は過剰分泌された皮脂にあり、これが毛穴を防いで頭皮に悪影響を及ぼすことです。早めの処置により改善されるので、思い当たる節があればクリニック等へ相談すべきでしょう。

 

まとめ

女性の脱毛症の種類は多くありましたが、いかがだったでしょうか。自分はこれに当てはまるかも・・・と思ったら、それは残念がることではありません。逆手をとれば改善の兆しがあるということです。ホルモンバランスの乱れは自分でコントロールするのが難しいですが、それ以外では原因は自分たちで治せそうなものでしたね。

 

髪を長期にわたって縛り続けないことや、シャンプーはしすぎもダメで、するならしっかりと洗い流すことなどなど。気になり始めたら1人で思い悩まずにカウンセリングしてもらうことをオススメします。早い段階からのケアは重要です。